レディ

メイクをした日は忘れずに

洗顔

基本を頭に入れておこう

いつもの洗顔料では、メイクなど油性の汚れを落とすことができません。そのため、メイクをしたときはクレンジング料を使ってメイクを落としてから、いつもの洗顔料で洗いましょう。クレンジングを行うときは、あらかじめ基本的なことを頭に入れておくことで、お肌に負担をかけることなく、すっきりメイクを落とすことができます。まず、お肌に雑菌が触れることで起きる肌トラブルを防ぐためにも、事前に手を洗って雑菌を落としてからクレンジングを行いましょう。そして、乾いた手にクレンジング料をたっぷりとって、Tゾーンから順になじませていきます。特にオイルタイプの製品を使用するときは、他の部位と比べて皮脂量が多いTゾーンからなじませることで、お肌の乾燥を防ぐことができます。メイクになじんだら、ぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。このとき、オイルタイプの場合は、最初に少量のお湯を顔になじませてオイルを乳化させてから洗い流すと、短時間できれいに洗い流せます。それから、いつもの洗顔料をたっぷり泡立てて洗顔しましょう。ちなみに、目元や口元のポイントメイクをあらかじめ専用のクレンジング料で落としておけば、デリケートな目元の皮膚や唇をゴシゴシこすり、負担をかけてしまうことがなくなります。また、お風呂でクレンジングをするときは、ひじやひざにもなじませてマッサージすれば、たまりやすい角質をケアすることができます。ボディソープでは落とすことができない汚れや角質を落とすことができますので、ひじやひざの黒ずみ対策をしたいときは、手持ちのクレンジングオイルを活用してみるとよいでしょう。また、メイクをしなくても、日焼け止め製品を塗ったときも忘れずにクレンジングをすることが大切です。